10月 | 2016 | 一般社団法人社会貢献推進国際機構

%e6%9c%a8%e8%a3%bd%e5%ae%b6%e5%85%b7%ef%bc%94

2016.10.09

国産の木材で生活を豊かにする木工アーティスト

日本は木の国です。国土の68%が森林で、日本人は木とともに生活を営んできました。木の家に住み、木の机、木の椅子、木の箪笥や棚に囲まれて生活してきたのです。木の玩具で遊び、木のお椀に木の箸でご飯を食べてきました。木には神が宿るとされ、木に対する崇拝思想もあります。日本人と木とは切っても切れない深い関係があるのです。

しかし、その日本の木が劣勢です。まず、木材以外の素材が圧倒的に優位になってきました。木造家屋の割合も1968年には90%を超えていましたが、2008年には60%を切っています。集合住宅などではかなりの割合が鉄筋コンクリート造りになっています。日常用品も、金属やプラスチックなどの材料が多くなりました。木製の子どもの玩具は珍しくなったくらいです。

しかもその「木」の多くは、海外からの輸入材です。安価な海外からの木材が輸入され、日本の木材の使用は限定的になっています。その結果、日本の山や森は放ったらかしにされ、荒れてしまいました。日本の木材が使われなくなったのです。結局、日本は豊かな森林資源を持ちながら、木材の輸入大国になっています。国内需要の実に約8割が輸入材木です。カナダやアメリカ、ロシア、マレーシアやインドネシア、ヨーロッパなどから日本に輸入されています。

日本の輸入規制は厳しくなく、違法な伐採による木材や木材製品も日本に入っています。ロシアで違法伐採された木材が中国で加工され、学習机や箪笥などとして輸入されている実態があります。海外の乱伐採による木材資源の枯渇を促進し、日本の山が荒れ山になるのを放ったらかしにしている状態です。2016年5月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」が参議院本会議で可決成立しました。既にグリーン購入法では紙や木材に対して木材の合法性の確認が義務付けられています。日本の新たな違法伐採対策法が成立したことになります。遅かったがまずは第一歩です。

日本の木製家具の文化を守り、育てようとしている木工デザイナーの人たちもいます。一時はそうした手作りの木工職人は消え去る状態にありましたが、日本の木工文化を守ろうとする新たな人材もでてきました。木の温かみと手作りの優しさを活かして、使えば使うほど味わいのある家具が作られています。

その木工デザイナーの一人、油田陽一朗さんを訪れました。三重県津市の里山集落に位置する『家具工房 NEW FOREST』の主です。受注生産を中心に活動を続けています。一つ一つの木製家具の創作に時間がかかるので、大量受注、大量生産はできません。輸入材で大量に生産する大企業のやり方とは一線を画する。お客さんの要望に応えながら国産木材に新たな生命を吹き込んでいく作業です。椅子や机、箪笥などの作品は、一つ一つが1週間から数ヶ月かかります。手間と時間と気使いが大量にかかる作業です。『家具工房 NEW FOREST』には完成品も見たいというお客さんの要望に応えて、2005年にショールームが備えられています。確かに日本の木材ならではの温もりが感じられます。

%e6%9c%a8%e5%b7%a5%e5%ae%b6%e5%85%b7 油田さんは日本の木材の優しさと木工文化の素晴らしさを多くの人に伝えたいという。日本の木材使用からすれば、こうした手作りの木製家具の気の使用量はわずかでしかありません。しかし、日本の木の文化の象徴的な意味があるというのです。資本主義の論理からすれば、割り高の日本の木材を使用して、これだけ時間をかけて一つ一つを手作りする木製家具は効率が悪いのかもしれない。しかしこの効率の悪さの中にこそ、人間的な温かみのある文化が息づくというのです。

日本の山は荒れています。日本の木は見捨てられています。それは日本の心が失われていることにつながるのです。幸いに日本には、手作りの木製家具の文化を守り、育てようとする木工職人、木工アーティストの人ががんばっています。もう一度、木の大切さと木の文化の素晴らしさを見直す時期なのかもしれません。

%e8%93%84%e5%85%89%e5%89%a4

2016.10.01

暗黒の事態に備える~蓄光剤の活用の試み

最近、停電になることがほとんどなくなった。昔は、ちょっとした雷や台風などでよく停電していた。しかしそれも改善され、特に長時間の停電は極めて稀である。それだけに、停電に対する個々の備えがあまくなっているといえる。南海トラフ大地震の可能性が指摘されているが、もし「東海」「東南海」「南海」の3連動地震が起こると、1ヶ月以上にわたる停電も想定しなければならないという。夜は暗黒の世界になる。慣れていないだけに大きな混乱が予想される。

蓄光剤を聞いたことがあるだろうか。その名前のとおり、光を蓄積し、夜などにその光を放つものだ。株式会社シンセイはその性能を高め、長時間にわたって光りを放つことが可能にした。停電時などで様々な形で活用できそうだ。そのシンセイに取材に行き、今後の展開について聞いた。

%e8%93%84%e5%85%89%e5%89%a4 蓄光剤の活用の一例

シンセイの主力製品にデコマシートがある。これはコンクリートやアスファルトの表面化粧用の転着シートだ。コンクリートブロックなどを製造する際に型枠に取りつけ、化粧ブロックにするものだ。簡単に言えば、コンクリートやアスファルトが固まる前に転着シートを貼り付けると、簡単に小石に覆われたコーティングができるのだ。コンクリートやアスファルトは見た目にも素っ気ない。このデコマシートを使うと、自然と調和した雰囲気のある見違えるものになる。

このデコマシートと蓄光剤との組み合わせで新しい活用ができる。蓄光剤を使った蓄光石は昼間に太陽の光を蓄積し、夜に光を放つ。それが歩道にあれば真っ暗闇でも道が分かることになる。電力が全く必要がないので災害時にも機能する。

停電になって真っ暗闇になっても、昼間に蓄積された「光」によって道が浮かび上がってくる。停電でなくても山道などでは日常的に有用だろう。

災害時の避難所でも力を発揮しそうだ。簡易トイレは臭いの関係もあるので、建物からかなり離れたところに作られることが多い。真っ暗闇だと夜にトイレを探すのも大変だし、トイレから帰ってくるときに迷う人もでる。光は安心を与える。

このデコマシートはヒートアイランド対策にも使える。デコマシートの小石を熱吸収の低い白い石にしたり、熱を吸収しにくい珊瑚クズなどを使うと、それに覆われたコンクリートやアスファルトが熱くなりにくくなる。また、保水力が上がるので、雨の後、徐々に水が蒸発するので、熱くなりにくい。水たまりができにくいこともプラス要素だ。駐車場などでこれを活用するとかなり温度を下げることができる。美的にもグレードアップされた環境対策になる。

こうした技術が本格的に社会に普及すれば、防災や環境の面で大きな改善になるだろう。まだ世の中に十分知られている状況ではないが、注目される社会貢献型の技術といえる。

(蓄光剤やデコマシートにさらに関心のある方は、弊機構にまでご連絡ください。

)

Top